オゾンO3は強力な殺菌・分解・脱臭・脱色作用があります。

(株)環境開発技研 東京都国分寺市

ブース水浄化装置

本装置は、空気中の酸素を原材料としてオゾンガスを発生させ、オゾンの持つ強力な殺菌・脱臭・分解作用により、塗装スラッジを水と炭酸ガスに分解し、塗装ブース水を浄化する装置です。従いオゾンの原材料費はタダです。

塗装ブース水とは、塗装作業時に大量に発生する塗料ミストを、水のシャワーの中を通過させて回収していますが、この水を塗装ブース水と呼んでいます。
回収した塗料は水に浮いたものは網ですくって回収できますが、水中に浮遊したり、沈んだりしたスラッジはすぐには回収できません。

塗装ブース水は循環させて使用しているうちに、段々汚れてきますが多くの工場は費用が掛る為、年に1回ないし2回程度しか交換しません。 塗料の主成分は樹脂であり、樹脂は有機物であり腐敗するので、使用しているうちにブース水や底に堆積したスラッジは腐敗してきて、悪臭を放ちます。その為薬剤を投入しますが、気休め程度しかならないと言う話を良く聞きます。

ブース水を交換する時は底に溜まったスラッジも回収しますが、底や壁にこびりついたスラッジはバキュームカーだけでは回収できず、人手を使いはがし落としますが、その作業は汚く臭く、多くの人手と時間を要します。
また、ブースの稼働を止めなければならず、生産性は低下します。
 回収したブース水やスラッジは産業廃棄物として処理しなければならず、産廃業者に引き取って貰うことになりますが、多額の費用負担と共に環境にも負荷をかけてしまっているのが塗装現場の現状です。

当社のブース水浄化装置は、オゾンで浮遊中のスラッジを水と炭酸ガスに分解するので(有機物はオゾンで水と炭酸ガスに分解されます)、ブース水の交換は不要となり、スラッジも減容するので人手を掛けることなく、稼働も止めなくて良いので大幅な経費節減が可能となります。
それだけではなく、腐敗臭は消滅するので(オゾンの強力な脱臭作用)、作業環境も改善され、腐敗臭で悩まされることはなくなります。 特に近隣に住宅地がある場合は、臭いの苦情により対策費も莫大に掛る為、廃業する企業も出てくるくらいなので、環境保全にとても効果的です。臭いは元を絶つのが一番です。

オゾンは薬品ではなく自然界にある物質で、余剰分は酸素になり残らず、環境にもとても優しい物質です。但し、高濃度オゾンは有害なのでしっかりした取扱いが必要になってきます。当社の装置は高濃度オゾンを使用していますが、オゾンが外部へ漏れない構造となっており、安全にご使用頂くことが出来ます。
浄化装置のランニングコストは電気代だけで、薬剤費もバキューム代も不要になります。

Copyright (C) 環境開発技研 All Rights Reserved