オゾンO3は強力な殺菌・分解・脱臭・脱色作用があります。

(株)環境開発技研 東京都国分寺市

浄化テスト事例 10

お客様名   MK(株)様
実施日時   R1年7月5日(火) 14:15〜 7月6日(水) 16:15
 
  原液(開始時) 10分経過 20分経過 30分経過 1時間経過 2時間経過 10時間経過 16時間経過 20時間経過 24時間経過 32時間経過 38時間経過
臭い フェノールの臭い有 フェノール臭はやや薄くなる フェノール臭は無し。刺激臭有り フェノール臭は無し。刺激臭は微小  
オゾン
分解筒
発熱※
  処理でオゾン全量消化のためは発熱は無い。 消化されないオゾンを分解する為若干発熱あり オゾン処理が進み、オゾンが消化されない為、約40℃の発熱
※オゾン分解筒発熱:排ガス中に含まれるオゾンを分解して排出する時に発生する熱である。
浄化処理中は有機物のオゾン分解の為オゾンが消費され、排ガス中にはオゾンは出てこないが、浄化が進むとオゾン消費が減り、排ガス中にオゾンが排出される。これを分解している場所がオゾン分解筒である。
38Hで消費されなかったオゾンが分解され発熱しているので、オゾン浄化はほぼ終了したと判断、テストを終了した。
戻る
Copyright (C) 環境開発技研 All Rights Reserved